美の歴史
スポンサードリンク

2009年07月03日

下着モデルとは

下着モデルの世界は他のモデルに比べるとタレントなどに道が開けるという確立は低いかもしれません。

しかし、逆に考えると芸能人になるチャンスは高いともとれます、有名なモデルオーディションのような狭き門ではないのです。

では、下着モデルとはどのようなものなのでしょう。ここでは下着モデルの概要がわかるように説明しておきます。


水着を着たモデルが「水着モデル」、対して下着を着用したモデルが「下着モデル」です。
わかりやすく分けるとこういうことですね。

水着モデルは大体的に売り出されたりマスコミにも取り上げられたりするのに対し、下着モデルは裏方的な役割になることが多いといえるでしょう。

下着モデルは外国人(主に白人)が行うことが多いです。
日本人が起用されない理由として、

・体毛が濃い
・購買対象の日本人が着用していると生活感がでてしまう。(生々しくなってしまう)

等の理由があげられます。
下着とはいえ、カタログで非日常を演出するのには外国人の方がよいのでしょう。
元々のスタイルの良さでは、どうしても白人女性にはかなわないところも理由のひとつです。

但し、一般的なスタイルが良い=良いモデルとはなりません。体型によっては逆効果で、下品になってしまったり、商品である下着の形が崩れてしまう恐れもあります。
従って水着モデルとは違う要素が求められ、非常に厳しい選別を受ける世界でもあります。

条件が厳しい割には、テレビタレントなどへのステップアップ例が少ない為、モデルを目指す女性の間では敬遠されがちな世界です。

下着モデルのコンテストとしては、「トリンプインターナショナル」が行うものが唯一かもしれません。

尚、当然男性下着モデルという職業もあるはずですが、こちらは女性以上に黒子に徹しているためか、表舞台にでてくることは全くといっていいほどありません。当然コンテストも無いようです。

下着モデルの場合はコンテストが少ないので、情報を集めて下着モデルとしてアピールする場を探すことに力を入れる必要があります。
そして下着の着こなしなども研究して、何かをきっかけに注目されることから始まります。

もし、テレビCMに起用されれば、その時に「あの下着のCMに出てるの誰ですか?」などの質問が出たらサクセスストーリーに半分乗ったようなものです。

タグ:下着モデル
posted by チーボー at 16:33 | Comment(0) | モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。